コンテンツ

蛇口の水のトラブルと予防について

蛇口は毎日使用しますから、その分機器の劣化や接続部品の不具合などで水のトラブルが起こり得ます。地震などの災害が起きた際に、不具合が生じてしまう場合もあります。事前に対策をしておいたり、正しい対処法の知識を身に着けておきましょう。

■蛇口のメンテナンス方法

毎日の使用によって蛇口や配管の接続部分が緩んだり、内部の部品が傷んだりするため、定期的にチェックすることが大切です。特に地震による外的な衝撃を受けた場合は、接続部分が外れたり緩むことがあるため確認すると良いでしょう。
蛇口から出る水量が多い場合は、止水栓の開け閉めによって水量を調整できます。ハンドルを右に回せば閉じられ、左だと開いている仕組みです。蛇口の修理を行う場合は、止水栓を必ず閉めるようにします。

■蛇口に不具合が起きたときの対処法

キッチンや洗面所などでよく使用されるシングルレバー混合水栓は、レバー下から水漏れが起きやすいです。バルブカードリッジの寿命は10年程度のため、部品の交換が必要になることもあります。
浴室などで使用される温度調整機能のついたサーモスタット混合栓の場合は、温度調整がうまくできなくなるケースが多々あります。内部の構造が複雑なため自分で対応することが難しい場合は業者の力を借りましょう。

■まとめ
蛇口など水のトラブルは経年劣化による部品の不具合や、災害時における衝撃を受けたことが主な原因です。使用を始めてから長期間使用し続け、寿命が近づいている場合は交換も検討しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ