コンテンツ

水のトラブルでトイレの流れが悪い場合

トイレは毎日使用することはもちろん異物を流す機会もあり、水のトラブルも起こりかねません。流れが悪くなった場合は、詰まりなども原因となります。適切な処置の仕方や予防策を知ることで、水のトラブルが起きても慌てなくて済むでしょう。

■トイレに流すと危険なもの

トイレの流れが悪くなる原因の一つが、異物を流すことです。ティッシュペーパーは、近年では水に流せるタイプもありますが、溶けにくい点も特徴となっています。特に複数枚流してしまえば、水のトラブルへと繋がりやすくなります。
嘔吐してしまった時の吐しゃ物もトイレが詰まる危険性があります。吐しゃ物には未消化のままのため油分が多く含まれており、配管の中に固着するリスクが高まります。新聞紙を敷いたビニール袋に入れて可燃ごみに出すなど、トイレに流さないことが大切です。

■トイレ詰まりを予防するには?

近年では、温水洗浄便座が普及をしてトイレットペーパーの使用頻度は下がっています。それでも、水のトラブルは少なからず起こっています。
シングルタイプは、水に溶けやすい性質です。流れも良くなるため、詰まりが起こるリスクをさげることができます。排便をした直後に水を流して、その後処理をしたペーパーを流すことでも、対策の一つになります。

■まとめ
トイレットペーパーを流し過ぎない以外でも適切な使用をするだけで、水のトラブル回避になります。排泄物やトイレットペーパー以外の異物は流れを悪くしますから、使用することはやめてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ