コンテンツ

水のトラブルでお湯が出ない場合の知識と対策

風呂や洗面所でお湯を使うことがありますが、水のトラブルのひとつとして水しか出なくなるというケースがあります。給湯器を設置している場合は、機器トラブルの可能性があります。冬場になれば、排水管が凍結してしまい、お湯が出なくなることもあります。

■給湯器の異常でお湯が出ない場合について

給湯器の異常でお湯が出ない場合は、機器の電源が入っているか、ブレーカーは作動しているかを確認してください。機器に表示されている番号がわかれば、その機器の取扱説明書などを確認し、注意事項に沿って対処をすると良いでしょう。
電源などの確認で問題がない場合は、寿命を疑いましょう。給湯器の寿命は概ね10年です。経年劣化により何かしらの不具合が生じて、水のトラブルを起こす場合があります。気になる症状が出たら、買替を含めて専門業者に相談をしてください。

■冬場に起こりやすい給湯器における水のトラブル

冬場になれば外気温が氷点下になる日も出てきます。水道管や給湯器が凍結して、お湯が出ないなど水のトラブルも起こりやすくなります。凍結防止機能がついていてもうまく作動しないことがありますから、被害を抑えるためにも給湯器の電源を切ってください。気温が上がったら、元栓周辺にタオルを巻きつけて、ぬるま湯を掛けて溶かしていきます。水漏れ箇所の有無を確認して問題なければ、お湯を流すと良いでしょう。

■まとめ
お湯が出ないなどの水のトラブルは、給湯器の不具合だけでなく、気温による影響も原因の一つです。適切な処置をすることで、お湯が正常に流れる場合もあります。ただし、長年使用している機器は少なからず性能が低下しているため、買替も一つの方法であると覚えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ